人事労務メルマガ
【2019年10月24日発行】
==========================================================================
■ 厚労省人事労務マガジン/特集第165−1号 ■
==========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼厚労省人事労務マガジン編集部からのお知らせ▲△
今回の厚労省人事労務マガジンは記事が多いため、2回に分けてお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1.「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」を全国6都市で開催します(参
加無料)
2.40歳〜57歳の男性の皆さま、「風しん」の抗体検査・予防接種のクーポン券を
配布しています
3.「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」を11月から全国4都市で開
催します(参加無料)
4.「働き方・休み方改革シンポジウム」の参加者募集中!(参加無料)
5.「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)〜11月1日に名古屋で
開催します〜
6.日本のテレワーク推進をリードする大型セミナー 「産官学連携セミナー」の
参加者募集中!(参加無料)〜11月5日に東京で開催します〜
7.「テレワークに関する体験型イベント」の参加者募集中!(参加無料)〜大阪
(11/7)・新潟(11/15)・福岡(11/22)で開催します〜
8.中小企業事業主の皆さま、テレワークを導入してみませんか?〜助成金の交付
申請受付は12月2日までです〜
9.サテライトオフィスの利用を希望する企業を募集中!(利用無料)
〜埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、京都の6都市に開設〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック1】「生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム」を全国6都市で開催
します(参加無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構では、高齢社員を戦力化するための工夫
および継続雇用制度・定年延長をテーマに、10月から12月にかけて全国6都市(
北海道・東京・富山・大阪・香川・福岡)で、「生涯現役社会の実現に向けたシン
ポジウム」を開催します。【事前申込制・参加無料】

「成長戦略実行計画」で、70歳までの就業機会の確保に向けた検討を進めることが、
今年6月に閣議決定されました。このシンポジウムでは、学識経験者による講演や
先進的な企業の人事責任者などによる好事例の発表、学識経験者をコーディネータ
ーとしたパネルディスカッションを行います。また、具体的な定年延長などの進め
方、高齢者の活躍の促進(戦力化)について、来場者の皆さまとともに考えます。

【開催日程】
申し込み方法などの詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

東京 11月13日(水)13:00〜16:00 イイノホール 
http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/om5ru8000000ceq3-att/q2k4vk000002m3d7.pdf 
福岡 11月28日(木)13:00〜16:30 JR九州ホール
http://www.jeed.or.jp/location/shibu/fukuoka/elderlyseminar.html
大阪 12月 3日(火)13:00〜16:10 ドーンセンター 
 http://www.jeed.or.jp/location/shibu/osaka/q2k4vk000002mnbf.html

■シンポジウムのご紹介(高齢・障害・求職者雇用支援機構)
http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/symposium.html

北海道 10月18日(金)、富山 10月25日(金)、香川 10月29日(火)の開
催の様子は、今後、啓発誌「エルダー」にてご紹介する予定です。

■「エルダー」のご紹介(高齢・障害・求職者雇用支援機構)
http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック2】40歳〜57歳の男性の皆さま、「風しん」の抗体検査・予防接種のク
ーポン券を配布しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、各企業の健康診断で、40歳から57歳の男性に、風しんの抗体検査
を実施するようお願いしています。企業側の追加費用はほとんどかかりません。

現在、風しんの報告が多く寄せられています。患者の多くは、30〜50代の男性で、
都市圏を中心に報告されています。また、妊娠初期の妊婦さんに風しんを感染させ
てしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがある(先
天性風しん症候群)ほか、成人がかかると症状が重くなることがあります。
そこで厚生労働省は、これまで風しんの定期接種を受ける機会がなかった1962年
(昭和37年)4月4日から1979年(昭和54年)4月1日までの間に生まれた男性
(40歳〜57歳)に対して、無料で風しんの抗体検査と予防接種を受けられるクー
ポン券を、お住まいの自治体からお送りしています。

2019年度は、1972年(昭和47)年4月2日〜1979年(昭和54)年4月1日生ま
れの男性(40歳〜47歳)に市区町村がクーポン券を送付していますが、その他の対
象者も、希望すれば市区町村でクーポン券を発行し、抗体検査を受けられます(
自治体により事業の開始時期や対応が異なります)。
今回このクーポン券を利用し、各企業の健康診断でも風しんの抗体検査を実施でき
るようにしています。各企業でも、働く世代の男性が検査を受けやすい環境を作る
ため、ぜひこの仕組みをご検討ください。健康診断時に抗体検査できるように医療
機関と調整頂くことで、社員が検査を受けやすくなります。詳しくは、所属の自治
体にご相談ください。

厚生労働省では、より多くの対象男性に対して、無料で受けられる抗体検査と予防
接種について告知し、抗体を獲得してもらうために、「劇場版シティーハンター <
新宿プライベート・アイズ>」とコラボレーションしたポスターおよびリーフレッ
トの作成や、SNSなどを通じた啓発活動を行っています。また、「ラグビー日本代
表」を起用した啓発活動も行っている他、名刺サイズの案内用紙やクーポン使用上
の注意、医療機関向けのクーポン券の使用可否お知らせポスターなどを啓発資料と
して用意しています。ぜひご活用ください。


以下の風しんの追加的対策特設ページからもダウンロードできますので、ぜひご活
用ください。厚生労働省では、今回の追加的対策の円滑な実施にむけて、引き続き
検討を進めてまいります。

■風しんの追加的対策特設ページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekka
ku-kansenshou/rubella/index_00001.html


■シティーハンター
 <ポスター(A2サイズ)>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-ka
nsenshou/rubella/poster_cityh.pdf
<リーフレット(A4サイズ)>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-ka
nsenshou/rubella/leaf_cityh.pdf

■ラグビー日本代表
<ポスター(A2サイズ)>
https://www.mhlw.go.jp/content/poster_rugbyj.pdf
<リーフレット(A4サイズ)>
https://www.mhlw.go.jp/content/leaf_rugbyj.pdf

※ポスターとリーフレットの画像については、風しんの啓発活動以外の用途でのご
使用はご遠慮ください。また、ポスター・リーフレットの画像を加工・編集しての
ご使用は禁止です。
	く
■事業所向け情報
<リーフレット(事業所のご担当者さま向け)>
https://www.mhlw.go.jp/content/000490986.pdf 
<リーフレット(対象者さま向け(事業者))>
https://www.mhlw.go.jp/content/000490987.pdf
<クーポン券の使用可否のお知らせポスター>
https://www.mhlw.go.jp/content/000537268.pdf
<名刺サイズの案内用紙>
https://www.mhlw.go.jp/content/000537274.pdf
<クーポン券の使用上の注意>
https://www.mhlw.go.jp/content/000537276.pdf

【風しんの詳細はこちら】
 風しんについて
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-k
ansenshou/rubella/
<リーフレット 体調不良の時はムリしないで>
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-k
ansenshou/rubella/dl/poster15.pdf
<リーフレット 妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族へ>
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-k
ansenshou/rubella/dl/poster14.pdf
<リーフレット 職場は風しん予防対策をしていますか>
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-k
ansenshou/rubella/dl/poster13.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック3】「勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」を11月から全国
4都市で開催します(参加無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月から働き方改革関連法が順次施行され、勤務間インターバル制度の導入が事業
主の努力義務となっています。厚生労働省では、労働者の十分な生活時間や睡眠時
間などを確保しようとする勤務間インターバル制度の導入を進めていくため、「
勤務間インターバル制度導入促進シンポジウム」を11月から全国4都市で開催しま
す。


このシンポジウムでは、学識経験者による基調講演、企業の取組事例の紹介、登壇
者によるパネルディスカッションを通じて、勤務間インターバル制度の意義や、勤
務間インターバル制度を円滑に導入するための方策などを紹介します。また、従業
員の休息時間の必要性、睡眠時間と生産性の関係など、医学的見地からの説明も予
定しています。企業の人事労務担当者や勤務間インターバル制度にご関心をお持ち
の方など、皆さまのご参加をお待ちしています。


【開催日程】
名古屋 11月20日(水) TKPガーデンシティ栄駅前
東 京 11月21日(木) TKP品川カンファレンスセンター
福 岡 12月12日(木) TKPガーデンシティ博多新幹線口
大 阪 12月17日(火) TKPガーデンシティ大阪梅田

※開催時間は、いずれも13:30〜16:30を予定しています。

■「勤務間インターバル制度導入推進シンポジウム」概要リーフレット
https://work-holiday.mhlw.go.jp/seminar/pdf/20190927_1.pdf

【申込方法など詳細はこちら】
 働き方・休み方改善ポータルサイト
https://work-holiday.mhlw.go.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック4】「働き方・休み方改革シンポジウム」参加者募集中!(参加無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月から働き方改革関連法が順次施行され、時間外労働の上限規制(中小企業を除
く)や年次有給休暇の年5日の確実な取得が開始されています。また、中小企業に
は、来年4月から時間外労働の上限規制が適用されます。

このシンポジウムでは、学識経験者による基調講演、企業の取組事例の紹介、登壇
者によるパネルディスカッションを通じて、働き方・休み方改革のポイントや実践
的な取組内容をご紹介します。企業の人事労務担当者や働き方・休み方改革にご関
心をお持ちの方など、皆さまのご参加をお待ちしています。

【開催日程】
東京  10月25日(金) 有楽町朝日ホール
広島  11月5日(火)  ワークピア広島(一般社団法人広島労働会館)芙蓉
札幌  11月26日(火) 札幌国際ビル 国際ホール
仙台  12月10日(火) TKPガーデンシティ PREMIUM仙台東口 ホール10A
高松  12月13日(金) 高松センタービル TCBホール(大ホール)

※開催時間は、いずれも13:30〜16:30を予定しています。

■「働き方・休み方改革シンポジウム」概要リーフレット
https://work-holiday.mhlw.go.jp/seminar/pdf/symposium/2019/00.pdf

【申込方法など詳細はこちら】
働き方・休み方改善ポータルサイト
https://work-holiday.mhlw.go.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック5】「テレワークセミナー」の参加者募集中!(参加無料)
〜11月1日に名古屋で開催します〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 テレワークは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を活
用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。

テレワークを活用すると、さまざまな生活スタイルに応じた働き方が可能となり、
企業の生産性の向上にもつながります。しかし、テレワークには、労務管理やセキ
ュリティの確保が難しいといった課題もあります。このため、厚生労働省では、労
務管理上の留意点、テレワーク導入事例の紹介、導入企業の体験談など、テレワー
クに必要な情報に関するセミナーを、11月1日(金)に名古屋で開催します。【事前
申込制・参加無料】

 セミナー終了後には、個別ブースを設けて、労務管理面や情報通信技術面で企業
が抱える個別具体的な課題などについて、セミナー講師が直接アドバイスする「個
別相談会」を実施します。テレワークの導入を検討している、または導入後に課題
を抱えている事業経営者、人事・労務管理などのご担当者は、ぜひご参加ください。

【セミナー内容】
 ・テレワーク導入事例の紹介
 ・テレワーク導入企業の体験談紹介
 ・テレワーク実施時の労務管理上の留意点
 ・情報通信技術面における留意点

【開催日程】
日時:11月1日(金)13:00〜15:45 ※開場12:30 
 会場:ウインクあいち 愛知県産業労働センター 901会議室
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
定員:170人

【申込方法など詳細はこちら】
 厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞(テレワークセミナーのご案内)
https://kagayakutelework.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック6】日本のテレワーク推進をリードする大型セミナー 産官学連携セミ
ナーの参加者募集中!(参加無料)〜11月5日に東京で開催します〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本のテレワークの普及・推進をリードする産業界と、総務省、厚生労働省、経済
産業省、国土交通省、東京都、およびテレワーク学術分野の研究者が一堂に集う、
テレワーク推進フォーラム主催の大型セミナーを開催します。【事前申込制・参加
無料】

【セミナー内容】
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省および東京都からはそれぞれの推進
施策を、テレワーク学術分野の研究者からはテレワーク普及に向けた考察を、産業
界からはテレワーク導入のポイント・事例やワーケーション(テレワークとバケー
ションを組み合わせた新たな働き方)を紹介するなど、テレワークに関わる多岐に
わたる情報提供をします。

【開催日程】
日時:11月5日(火)  13:30-17:10 ※開場 13:00
会場:お茶の水ソラシティ2Fホール (東京都千代田区神田駿河台4−6)
定員:250人
   ※定員になり次第締め切ります

【プログラム、申込方法など詳細はこちら】
テレワーク推進フォーラム 産官学連携セミナーのご案内
http://twp-forum.com/news/article20190917.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック7】「テレワークに関する体験型イベント」の参加者募集中!(参加無
料)〜大阪(11/7)・新潟(11/15)・福岡(11/22)で開催します〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「トピック5」でお伝えしたように、テレワークを活用すると、さまざまな生活ス
タイルに応じた働き方が可能となり、企業の生産性の向上にもつながりますが、そ
の一方で労務管理やセキュリティの確保といった課題もあります。

このため、厚生労働省では、テレワークの利用に興味のある方を対象に、労務管理
上の留意点や事例紹介、1人1台の情報端末を使用したテレワーク体験など、情報
通信機器を利用したテレワークに関する「体験型イベント」を、11月7日(木)に
大阪、11月15日(金)に新潟、11月22日(金)に福岡で開催します。【事前申込制・
参加無料】

【イベント内容】
・テレワーク実施時の労務管理上の留意点と事例紹介
・情報通信機器利用によるテレワーク体験
・テレワーカーとの意見交換

【開催日程】
■大阪
 日時:11月7日(木)
    午前の部10:00〜12:30 ※開場9:30
    午後の部14:00〜16:30 ※開場13:30
 会場:富士ゼロックス Document CORE Osaka
    (〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3-5-7)
【オブザーブ席】情報端末操作席を現時点ではご用意できませんが、当日キャンセ
ルがでた場合、当日現地会場にて、事前の電話によるお申込み順に情報端末操作席
にご案内いたします。

■新潟
 日時:11月15日(金)
    午前の部10:00〜12:30 ※開場9:30
    午後の部14:00〜16:30 ※開場13:30
 会場:朱鷺メッセ
    (〒950-0078 新潟市中央区万代島6番1号)
■福岡
 日時:11月22日(金)
    午前の部10:00〜12:30 ※開場9:30
    午後の部14:30〜17:00 ※開場14:00
 会場:富士ゼロックス DOCUMENT HUB Square Fukuoka
    (〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-6-16)

※各会場とも定員は30人
 
【体験型イベントの申込方法など詳細はこちら】
テレワークに関する体験型イベント
 http://teleworkevent.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック8】中小企業事業主の皆さま、テレワークを導入してみませんか?
〜助成金の交付申請受付は12月2日(月)までです〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テレワークは、パソコンやインターネットといった情報通信技術(ICT)を利用し
て、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。ワーク・ライフ・バランス
の向上、優秀な人材の確保、災害などにより出社困難な時の事業継続など、さまざ
まなメリットがあります。

 厚生労働省では、「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」を設け、在
宅やサテライトオフィスでの就業など、多様な働き方を実現するテレワークに取り
組む中小企業事業主に助成金(1企業当たりの上限150万円)を支給し、テレワーク
の導入を支援しています。

【支給対象となる取組】
以下のいずれか1つ以上実施。

・テレワーク用通信機器の導入・運用(※)
・保守サポートの導入
・クラウドサービスの導入
・就業規則・労使協定等の作成・変更
・労務管理担当者や労働者に対する研修、周知・啓発
・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング
(※)パソコン、タブレット、スマートフォンは支給対象となりません。

 助成金の申請手続き、その他テレワーク全般に関するご相談は、下記「テレワー
ク相談センター」までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
 テレワーク相談センター(委託先)
  電話 0120(91)6479 
  E-mail sodan@japan-telework.or.jp
  https://www.tw-sodan.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピック9】サテライトオフィスの利用を希望する企業を募集中!(利用無料)
〜埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、京都の6都市に開設〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省では、テレワークの普及促進の一環として、無料でご利用できるテレワ
ーク用の「サテライトオフィス」を、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、京都の6
都市に、合計8か所設置しています。現在、各サテライトオフィスの利用を希望す
る企業や、テレワーク実施希望者を募集しています。

 テレワークを行う場所としてサテライトオフィスを活用することで、通勤時間の
短縮や身体的・精神的負担が軽減され、子どもや介護者の近くで働ける環境があれ
ば子育て・介護などに充てる時間を増やすことができます。サテライトオフィスを
利用するには、企業からの利用登録が必要ですので、ご興味・ご関心のある方は、
下記までお問い合わせください。

【サテライトオフィスの開設地】
 1.サテライトオフィス草加松原
   住所:埼玉県草加市栄町3-4-3 東武松原ビル2 3階
(獨協大学前駅 徒歩2分)
    
 2.サテライトオフィスふじみ野ナーレ
   住所:埼玉県富士見市ふじみ野東1-1-1 ふじみ野ナーレ4階
(ふじみ野駅 直結)
 
 3.テレワーク・オフィス千葉サテライト
   住所:千葉県千葉市中央区新田町6-6 荒井ビル2階A室
(千葉駅 徒歩8分、京成千葉・千葉中央駅 徒歩5分)
 
 4.サテライトオフィス多摩センター
   住所:東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター7階
(多摩センター駅 徒歩5分)
  
 5.サテライトオフィス横浜
   住所:神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル6階
(横浜駅 徒歩10分)
 
 6. テレワーク・オフィス川崎サテライト
    住所:神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1高木ビル801
     (JR川崎駅 徒歩6分、京急川崎駅 徒歩8分)
 
 7.テレワーク・オフィス岐阜サテライト
   住所:岐阜県岐阜市長住町2-3岐阜ビルディング5階
     (名鉄岐阜駅 徒歩1分、JR岐阜駅 徒歩6分)
 
 8.テレワーク・オフィス京都サテライト
   住所:京都府京都市中京区泉正寺町328 西川ビル4階
     (阪急烏丸駅 徒歩4分、地下鉄四条駅 徒歩8分)
  
  ※営業時間は全て平日8:30〜17:30

【お問い合わせ】
 ■1、2、5
  東武ビジネスソリューション株式会社(委託先)
担当 竹林・三宅
  電話 03(3624)3820 
  E-mail satellite@tsol.co.jp
  ホームページ http://www.tobu-satellite.jp/

 ■3、6〜8
  ランゲート株式会社(委託先)
担当 中村
  電話 075(741)7862
  ホームページ http://www.langate.co.jp/1719/index.html

 ■4
  株式会社キャリア・マム(委託先)
担当 古田
  電話 042(400)6975
  ホームページ http://mhlw.c-mam.co.jp/

========================================================================
★配信停止の手続き https://mhlw.lisaplusk.jp/stop_form.php
★バックナンバー  https://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html
★登録に関するお問い合わせ https://mhlw.lisaplusk.jp/contact.php
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク) https://www.mhlw.go.jp/form/pub/mhlw01/getmail
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用な
 ど著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、
 複製を行うことができます。
========================================================================