人事労務メルマガ
【2017年1月23日発行】
=========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/特集第132号 ■
=========================================================================
▽▼    「働き方改革」の実現に向けたご意見を募集しています    ▲△

 厚生労働省では、政府の「働き方改革実行計画」の年度内の取りまとめに向け
て、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現など、幅広い事項について、検
討を行っています。
 これからの「働き方改革」の取組を進めるため、ぜひ、皆様からのご意見をお
寄せください。(実施期間:1月13日(金)〜1月27日(金)まで、電子メール
か郵送で受付)
 いただいたご意見については、働き方改革の実現に向けた施策立案の参考とさ
せていただきます。

【厚生労働省ご意見募集に関する詳細はこちら】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148320.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼ 労働行政分野の支援や制度に関するアンケートにご協力ください ▲△

 厚生労働省では、事業主の皆さまが労働行政分野の支援や制度をどの程度ご存
じかをお伺いするオンラインアンケートを実施しています。(実施期間:2月末
まで)
 簡単なアンケート(14問)で、上期(8〜10月)にご協力いただいた方も、再
度ご回答いただけます。
 結果は今後の施策検討の参考とさせていただきますので、ご協力をお願いしま
す。

【アンケートはこちら】
  https://krs.bz/roumu/m/questionnaire_mm 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今号の内容】
●『人手不足時代の人材確保に「効く」セミナー』を開催します
 〜人材確保・定着に課題を抱える事業主・担当者の皆さま向け〜
●パートタイム労働者雇用管理改善セミナー(活用編)「パートタイム労働者の
 活躍推進〜人材確保難時代における取組」を全国7か所で開催します
●パートタイム労働者の活用についてお悩みの企業の皆さまへ
 「職務分析・職務評価セミナー(導入編/実践編)〜パートタイム労働者の納
 得度を高め、やる気を引き出す〜」を、1〜3月に全国4都市で開催します
●「IT人材が成長する働き方改革への挑戦−生産性を高めた長時間労働削減への
 道−」セミナーを開催します
 〜東京、名古屋、大阪の3都市で開催〜
●「働き方改革実践ノウハウ獲得セミナー」を全国8か所で開催します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   『人手不足時代の人材確保に「効く」セミナー』を開催します
   〜人材確保・定着に課題を抱える事業主・担当者の皆さま向け〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、平成27年度から今年度にかけて、人材不足が特に深刻な3つ
の業界(運輸業、保育、訪問看護)における人材確保に向けた課題と解消策を調
査・検証しています。
 このたび、調査を行った社会保険労務士が、調査事例の紹介や人材確保に有効
な雇用管理改善の方策とその導入手法についてお伝えするセミナーを開催します。

 また、セミナー終了後には人材確保や雇用管理の悩みを社会保険労務士に直接
相談できる「個別相談会」を実施します。人材確保・定着にお悩みの事業主の皆
さまをはじめ、人事・労務管理部門のご担当者さま、セミナーに興味のある皆さ
まのご参加をお待ちしています。【事前申込制・参加無料】

【開催日】平成29年3月7日(火)
【時 間】18:00 〜 20:00(個別相談会 20:00〜)
【会 場】TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール4J
     (東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル)
【定 員】100名
【セミナー内容】
 基調講演:「人材確保」「人材定着」の観点から
 パネルディスカッション:調査によって明らかになった事例や取組の紹介

【申込方法など詳細はこちら】
 ホームページの応募フォーム、またはFAXでお申し込みください。
  株式会社 三菱総合研究所(委託先)
  応募フォーム  http://www.mri.co.jp/hr-seminar2017/ 
  FAX 03(5157)2143
  お問い合わせ  info-jinzai-kakuho@mri.co.jp 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パートタイム労働者雇用管理改善セミナー(活用編)「パートタイム労働者の活
躍推進〜人材確保難時代における取組」を全国7か所で開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、パートタイムで働く方の活躍推進に関する事業主の自主的な
取組を促進するため、パートタイム労働者雇用管理改善セミナー(活用編)「パ
ートタイム労働者の活躍推進〜人材確保難時代における取組」を全国7か所で開
催します。

 セミナーでは、「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」の審査委員による活
躍推進に取り組む意義・取組のポイントについての解説や、平成28年度の受賞企
業による取組事例の発表、審査委員と事例発表者によるパネルディスカッション
を行います。

 先進的な取組を行う企業の生の声を聞けるだけでなく、質疑応答の時間には登
壇者に直接質問することもできます。経営層や人事労務担当者をはじめ、パート
タイム労働者の雇用管理に関心のある多くの皆さまのご参加をお待ちしています。
【事前申込制・参加無料】

【開催予定】(全会場共通:開会13:30〜閉会16:00)
1 札幌  2月13日(月) TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前
      講師:島貫 智行氏(一橋大学大学院 商学研究科 准教授)
      事例発表企業:株式会社千葉興業銀行、株式会社AOKI

2 大宮  2月16日(木) TKP大宮駅西口カンファレンスセンター
      講師:諸星 裕美氏(オフィスモロホシ 社会保険労務士)
      事例発表企業:株式会社オリエンタルランド、株式会社東邦銀行

3 東京  2月8日(水) TKPガーデンシティPREMIUM神保町
      講師:武石 恵美子氏(法政大学 キャリアデザイン学部 教授)
      事例発表企業:株式会社オリエンタルランド
             株式会社千葉興業銀行

4 富山  2月10日(金) 富山県農協会館
      講師:平田 未緒氏(株式会社働きかた研究所 代表取締役)
      事例発表企業:株式会社ケア21、株式会社AOKI

5 名古屋 1月31日(火) TKPガーデンシティ名古屋新幹線口
      講師:諸星 裕美氏(オフィスモロホシ 社会保険労務士)
      事例発表企業:株式会社ケア21、株式会社東邦銀行

6 大阪  2月3日(金) TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前
      講師:平田 未緒氏(株式会社働きかた研究所 代表取締役)
      事例発表企業:株式会社ケア21
             あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

7 福岡  1月30日(月) TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前
      講師:佐藤 博樹氏(中央大学大学院 戦略経営研究科 教授)
      事例発表企業:株式会社オリエンタルランド
             イオン九州株式会社

【申込方法】
■ウェブからのお申し込み
 下記のいずれかからお申し込みください。
 ・パート労働ポータルサイト
   https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/ 
  
 ・みずほ情報総研株式会社(委託先)
   https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2017/part2016/index.html 

■E-mail、FAX、郵送でのお申し込み
 みずほ情報総研株式会社のホームページに掲載しているチラシ(申込用紙)に
必要事項をご記入の上、以下の事務局までお送りください。

【お問い合わせ先】
「パートタイム労働者雇用管理改善セミナー」事務局
 みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部(委託先)
 〒101-8443 東京都千代田区神田錦町2-3 竹橋スクエア8F
 担当 古川・野中・砂川・宮田
 電話 03(5281)5276(平日10:00〜17:30)
 FAX  03(5281)5443
 E-mail part-time@mizuho-ir.co.jp 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パートタイム労働者の活用についてお悩みの企業の皆さまへ

「職務分析・職務評価セミナー(導入編/実践編)〜パートタイム労働者の納得
度を高め、やる気を引き出す〜」を、1〜3月に全国4都市で開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、参加者からご好評いただいている「職務分析・職務評価セミ
ナー(導入編)」を、1月〜3月に追加で開催します。また、「職務分析・職務評
価セミナー(実践編)」も新たに開催します。

 このセミナーは、パートタイム労働者の待遇が働きや貢献に見合ったものとな
るよう、「職務分析・職務評価」の手法や「職務分析・職務評価」の実施結果を
活用した人事制度の改訂検討手法を普及させることを目的としています。「実践
編」では「職務分析・職務評価」の結果に基づく人事制度改訂の検討手法につい
て、より実践的な演習や事例紹介を通して、分かりやすくご説明します。

 今年度最後の職務分析・職務評価セミナーとなりますので、既に「導入編」に
ご参加いただいた皆さまをはじめ、社会保険労務士といった企業への支援を行う
方など、ご関心のある皆さまのご参加をお待ちしています。【事前申込制・参加
無料】
 ※両セミナー(導入編・実践編)への同日参加も可能です。

【開催予定】
■東京(日本橋)	
       1月30日(月)  実践編14:00〜17:40
       会場:東京駅日本橋カンファレンスセンター
       (東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル本館1/2階)
■東京(汐留)	
       3月1日(水)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       3月13日(月)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       会場:PwCコンサルティング合同会社 汐留オフィス
       (東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル22階)
■名古屋
       2月6日(月)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       会場:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋駅前
       (愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8 KDX名古屋駅前ビル13F)
■大阪
       2月14日(火)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       3月6日(月)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       3月21日(火)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       会場:TKP大阪駅前カンファレンスセンター
       (大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル)
■福岡
       2月21日(火)  導入編10:00〜12:30/実践編14:00〜17:40
       会場:TKPカンファレンスシティ博多
       (福岡県福岡市博多区博多駅前3-19-5 博多石川ビル1F)

【プログラム】
<導入編>
 ・パートタイム労働者を活用する上での課題、職務で評価するという考え方を
  用いるメリット
 ・職務分析・職務評価の概要
 ・職務評価をやってみる(事例紹介と演習)
 ・均等・均衡待遇が図られているかチェック(事例紹介と演習)
 ・職務評価結果の活用事例/具体的なメリット(事例紹介)

<実践編>
 ・職務評価の概要説明(導入編のおさらい)
 ・職務評価の理解(実践的な演習)
 ・パートタイム労働者を活用するための戦略・制度の検討(概要説明と事例紹
  介)
 ・参加者が自社のパートタイム労働者を活用するための戦略・制度を検討(演
  習)
 ・職務評価結果の活用事例

【申込方法など詳細はこちら】
  http://www.part-estimation.jp/ 

※このセミナーは、ウェブからのお申し込みを原則としています。
 なお、ウェブからのお申し込みが難しい場合は、E-mailでも受け付けます。
 下記の事務局までお気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】
「職務分析・職務評価普及事業」事務局
 PwCコンサルティング合同会社(委託先)
 担当  柿田・大橋・熊田・北村・橋本
 TEL   080(4791)9954(平日10:00〜17:00)
 E-mail  pwcconsulting.part@jp.pwc.com 

【参考】
 ・パートタイム労働者の活用や職務分析・職務評価について
  厚生労働省ホームページ「パート労働ポータルサイト」
   http://part-tanjikan.mhlw.go.jp/estimation/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「IT人材が成長する働き方改革への挑戦−生産性を高めた長時間労働削減への道
−」セミナーを開催します
〜2月から東京、名古屋、大阪の3都市で開催〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、「IT人材が成長する働き方改革への挑戦−生産性を高めた長
時間労働削減への道−」と題したセミナーを、2月から全国3都市で開催します。

 近年、IT業界の長時間労働が問題視されるなど、その対策が求められているこ
とから、長時間労働の削減を含めた働き方改革の推進は欠くことのできない取組
となっています。

 今回のセミナーでは、IT業界における労働時間の実態や長時間労働対策の実施
状況とその課題を明らかにするとともに、長時間労働削減に向けた取組の好事例
を紹介していきます。

 このセミナーは、事業主、企業の人事担当者、労使団体のご担当者など、IT業
界における長時間労働削減対策にご関心のある方なら、どなたでも無料でご参加
いただけます。【事前申込制・参加無料】

【開催予定】(全会場共通:開会13:30〜閉会16:30)
1 東京(定員150名)
  2月2日(木) 会場:JJK会館(東京都中央区築地4-1-14)
  ※本セミナーは定員超過のため受付終了しました。

2 名古屋(定員100名)
  2月14日(火) 会場:日経栄カンファレンスルーム
             (名古屋市中区栄4-16-33)

3 大阪(定員120名)
  2月13日(月) 会場:大阪産業創造館(大阪市中央区本町1-4-5)

*各会場とも満席になり次第、応募を締め切ります。

【申込方法など詳細はこちら】
 一般社団法人情報サービス産業協会(委託先)
  http://www.jisa.or.jp/tabid/2132/Default.aspx 

【参考:働き方・休み方改善ポータルサイト】
  http://work-holiday.mhlw.go.jp/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「働き方改革実践ノウハウ獲得セミナー」を全国8か所で開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 中小企業の経営者の方、人事労務部門の責任者や担当者の方などを対象に、
「働き方改革」に向けた具体的な取組内容を紹介する「働き方改革実践ノウハウ獲
得セミナー」を、今月から全国8府県で(計8回、それぞれ2日間ずつ)開催し
ています。

 このセミナーでは、仕事と育児・介護・治療などの両立や、経営の観点からみ
た「働き方改革」の必要性、中小企業で実際に効果のあった取組事例に関する情
報、働き方改革を進めるに当たり必要な「従業員との対話」の実施方法などを分
かりやすくお伝えします。

 なお、このセミナーは、中小企業の経営者の方に限らず、どなたでも無料でご
参加いただけます。お申し込みは既に開始していますので、「働き方改革」に関
心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。【事前申込制(各回先着80人程度)・
参加無料】

【開催予定】(全会場共通:開会13時〜閉会18時)1日目・2日目とも同内容
■ 岩手会場 2月13日(月)14日(火)大通会館リリオ(盛岡市)

■ 群馬会場 1月30日(月)31日(火)高崎商工会議所(高崎市)

■ 愛知会場 2月27日(月)28日(火)愛知県産業労働センター
                   ウインクあいち(名古屋市)

■ 島根会場 2月7日(火)8日(水)松江テルサ(松江市)

■ 愛媛会場 2月8日(水)9日(木)愛媛県文化振興財団(ひめぎんホール)
                  (松山市)

■ 宮崎会場 2月21日(火)22日(水)宮崎県婦人会館(宮崎市)

【申込方法など詳細はこちら】
 株式会社東京リーガルマインド(委託先)
  http://krs.bz/roumu/c?c=13724&m=87017&v=115ae464 


========================================================================
★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=10 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用な
 ど著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、
 複製を行うことができます。
========================================================================