人事労務メルマガ
【2015年12月21日発行】
=========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/特集第119号 ■
=========================================================================
【今号の内容】
●「パワハラ対策取組支援セミナー」の参加者を募集中です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     「パワハラ対策取組支援セミナー」の参加者を募集中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「社内のパワハラの予防のために、何から取り組めば良いのかわからない」。そ
んな企業の方々の声にお応えして、厚生労働省では『パワハラ対策導入マニュアル』
を活用したセミナーを全国で開催中です。

 パワハラ対策を担うことが見込まれる人事部門の方や経営者の方などのご参加を
お待ちしています。先着順となりますので、お早めにお申し込みください。【事前
申込制(先着順)・参加無料】

 下記ホームページの応募フォーム、またはFAX、電子メールでお申し込みくだ
さい。
(委託先:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社)
  http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/20150529.html 

■今後の開催予定
 ・静 岡 1月21日(木) TKP浜松アクトタワーカンファレンスセンター
 ・愛 知 1月20日(水) TKPガーデンシティ名古屋新幹線口
                      (※残席が少なくなっています)
 ・三 重 1月19日(火) 津商工会議所
 ・京 都 2月4日(木) TKPガーデンシティ京都
 ・兵 庫 2月3日(水) 兵庫県民会館3階
 ・奈 良 1月26日(火) やまと会議室
 ・和歌山 1月28日(木) 和歌山ビック愛
 ・岡 山 2月2日(火) 岡山商工会議所

■開催時間 14:30〜17:00(受付開始14:00)

■セミナー内容
 【講演(60分)】14:30〜15:30
    『パワハラ対策導入マニュアル』の活用方法、実際に対策に取り組んでい
   る企業の事例紹介に加え、パワハラ関係の裁判例なども解説します。
  (『パワハラ対策導入マニュアル』のダウンロードはこちら)
    http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/download 

 【グループワーク(90分)】15:30〜17:00 ※休憩10分を含む
    参加者自身の所属企業の取組状況や課題について、グループ討議を実施し、
   パワハラ対策に当たっての課題の解決方法などを話し合います。

 【参加申込締切】
    各会場とも定員になり次第、お申込みを締め切ります。詳しくは下記ホー
   ムページでご確認ください。

 【申込方法など詳細はこちら】
   (委託先:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社)
     http://www.tokiorisk.co.jp/seminar/20150529.html 
     応募フォーム
      https://pro.form-mailer.jp/fms/7786f45577923 

 【参考:あかるい職場応援団】
     http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/ 


========================================================================
★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて登
 録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、複
 製を行うことができます。
========================================================================