人事労務メルマガ
【2013年9月25日発行】
=========================================================================
         ■ 厚労省人事労務マガジン/特集第94号 ■
=========================================================================
【今号の内容】
●労災保険の特別加入者の給付基礎日額の選択の幅が広がりました
●平成25年度「『見える』安全活動コンクール」実施中
 〜労働災害防止のための創意工夫事例を募集しています〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    労災保険の特別加入者の給付基礎日額の選択の幅が広がりました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 9月1日から、労災保険の特別加入者の給付基礎日額に、新たに22,000円、
24,000円、25,000円が加わりました。
※特別加入できるのは、中小企業を経営する「中小事業主」、個人タクシーなど
労働者を使用せず事業を行ういわゆる「一人親方」、海外に出向させる「海外派
遣者」などです。

■9月1日からの給付基礎日額
  3,500円、4,000円、5,000円、6,000円、7,000円、8,000円、9,000円、
  10,000円、12,000円、14,000円、16,000円、18,000円、20,000円、
  22,000円、24,000円、25,000円

【リーフレット】
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/dl/130807-1.pdf 

 ◆すでに特別加入している方
 来年度(平成26年度)から変更後の給付基礎日額が選択できます。
給付基礎日額の変更を希望する場合は、年度末(平成26年3月18日〜3月31日)、
または労働保険の年度更新期間(平成26年6月1日〜7月10日)に手続きを行っ
てください。

 ◆新規に加入する方
加入する時に、すべての給付基礎日額を選択できます。

【特別加入について】
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/kanyu.html 

【問い合わせ先(都道府県労働局、労働基準監督署)】
  http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      平成25年度「『見える』安全活動コンクール」実施中
     〜労働災害防止のための創意工夫事例を募集しています〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、労働災害防止に向けた企業の取り組み事例を募集する、平成
25年度「『見える』安全活動コンクール」を実施しています。

 このコンクールは、企業の安全活動の「見える」化への取り組みを活性化させ
ることを目的として、国民が評価・投票を行い、優良事例を公表するものです。

 「見える」安全活動とは、守るべき安全手順や視覚的に捉えられない危険を視
覚化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な安全活動
などを言います。

皆さまの応募をお待ちしています。

【実施スケジュール】
 募集期間:平成25年9月1日〜平成25年10月31日
 投票期間:平成25年11月18日〜平成26年1月17日
 結果発表:平成26年2月下旬(予定)

【お申し込みはこちら(「『見える』安全活動コンクール」特設ページ)】
  http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/concour/index.html 

========================================================================
★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、
 複製を行うことができます。
========================================================================