人事労務メルマガ
【2013年9月4日発行】
=========================================================================
         ■ 厚労省人事労務マガジン/第36号 ■
=========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス】
1.平成25年度「全国労働衛生週間」のお知らせ
  〜スローガンは「健康管理 進める 広げる 職場から」〜
2.「平成25年版労働経済の分析」(「労働経済白書」)を公表しました
  〜競争力を支える「人材力」の強化の必要性を提言〜

【厚生労働省からのお知らせ】
◆仕事と介護の両立支援について、考えてみませんか?
 〜「仕事と介護の両立支援研修」を実施〜
◆全国7会場で「パートタイム労働者雇用管理セミナー」(応用編)を開催します
◆現在の雇用失業情勢

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス1】平成25年度「全国労働衛生週間」のお知らせ
     〜スローガンは「健康管理 進める 広げる 職場から」〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、10月1日から7日まで、「健康管理 進める 広げる 職場から」
をスローガンに、平成25年度「全国労働衛生週間」を実施します。
 「全国労働衛生週間」は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生
に関する国民の意識を高め、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保
することを目的に毎年実施しているもので、今年で64回目になります。
 準備期間(9月1日〜30日)に各職場において日常の労働衛生活動の総点検を
行うとともに、本週間(10月1日〜7日)には、以下のような事項に取り組みま
しょう。

 ○事業者や管理者による職場の見回り
 ○スローガンの掲示
 ○労働衛生に関する講習会・見学会の開催 など

 また、9月を「職場の健康診断実施強化月間」と位置付け、労働者の健康管理
について徹底を図りますので、各職場でも、労働者の健康確保のため、健康診断
を実施することはもちろん、健診結果に基づく保健指導や保険者への健診結果の
提供などにしっかりと取り組みましょう。

 ※「高齢者の医療の確保に関する法律」により、保険者から健診結果の提供を
求められた事業者は、健診結果を提供しなければなりません。

【詳細はこちら】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000013398.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【トピックス2】「平成25年版労働経済の分析」(「労働経済白書」)を公表しました
        〜競争力を支える「人材力」の強化の必要性を提言〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 8月30日、「平成25年版労働経済の分析」(通称「労働経済白書」)を公表しま
した。

 「労働経済白書」は、雇用、賃金、労働時間、勤労者家計などの現状や課題につ
いて、統計データを活用して経済学的に分析する報告書で、今回で65冊目になりま
す。

 平成25年版は「構造変化の中での雇用・人材と働き方」をテーマとし、経済活動
のグローバル化、本格的な人口減少といった経済社会の構造変化に直面する中で、
競争力の強化や成長の力となる人材の確保・育成はどのようにすればよいのか、と
いう観点から分析を行いました。
 また、今年の白書では、最新の統計データを使って、非正規雇用労働者の実態を
詳細に分析しています。

 この白書は、下記リンク先からダウンロードできるほか、全国の政府刊行物サー
ビス・センター、書店などで購入できます。

【報道発表資料】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000015637.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【厚生労働省からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼    仕事と介護の両立支援について、考えてみませんか?
         〜「仕事と介護の両立支援研修」を実施〜      ▲△

 厚生労働省では、「仕事と介護の両立支援事業」の一環として、企業の経営層
や人事労務担当者を主な受講対象とした「仕事と介護の両立支援研修」を開催し
ます。
 この研修では、従業員が仕事と介護を両立しながら働き続けられるようにする
ために、企業が取り組むべきことを先進企業の事例などを基に、実践的アイディ
アとして提案します。また、グループディスカッションなどを通して、互いの経
験や知見を共有します。皆さまの参加をお待ちしています。

◆対象:企業の経営層、人事労務担当者
◆開催予定(各回とも内容は同じです):
 [札幌]  10月15日(火) 北農健保会館
  (1) 13:00〜15:15 (2) 16:00〜18:15

 [東京]  10月 8日(火) みずほ情報総研名古路ビル
  (1) 10:00〜12:15 (2) 14:00〜16:15

 [名古屋] 10月29日(火) 栄ガスビル
  (1) 10:00〜12:15 (2) 14:00〜16:15

 [神戸]  10月28日(月) 三宮研修センター
  (1) 13:00〜15:15 (2) 15:45〜18:00

 [福岡]  11月 5日(火) リファレンス駅東ビル
  (1) 13:00〜15:15 (2) 16:00〜18:15

◆定員:各回30名
◆費用:無料
◆実施主体:みずほ情報総研株式会社

【詳細、申込みはこちら】
  http://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2013/ryouritsu.html 


▽▼全国7会場で「パートタイム労働者雇用管理セミナー」(応用編)を開催します▲△

 6〜7月に開催した「パートタイム労働者雇用管理セミナー」の応用編を9月
から全国7会場で行います。
 応用編では、パートタイム労働者の活用戦略に基づく、役割等級制度や賃金制
度の設計、移行措置について具体的に解説します。
 基礎編で解説した内容も紹介しますので、今回初めてという方も、参加いただ
けます。パートタイム労働者の雇用管理の改善をお考えの事業主の皆さまの積極
的な参加をお待ちしています。

 ◆開催予定
  [東京]  9月 26日(木) 13:00〜16:00  東京都トラック総合会館
        10月 9日(水) 13:00〜16:00  文京シビックセンター

  [名古屋] 11月 6日(水) 13:00〜16:00  ウインク愛知

  [大阪]  10月 21日(月) 13:00〜16:00  大阪産業創造館
        11月 18日(月) 13:00〜16:00  大阪産業創造館

  [広島]  10月 23日(水) 13:00〜16:00  中国新聞社ビル

  [福岡]  10月 10日(木) 13:00〜16:00  福岡センタービル

 ◆セミナー内容
  ・要素別点数法による職務(役割)評価の解説
  ・パートタイム労働者活用戦略の考え方
  ・パートタイム労働者を対象とした格付け(役割等級)制度、賃金制度の設計
  ・既存の制度からの移行手続きの解説
  ※セミナー修了後に個別相談会を実施

 ◆定員:各回75名
 ◆費用:無料
 ◆申込先(事務局:株式会社浜銀総合研究所)
  セミナーの詳細、セミナーの申込みは、パート労働ポータルサイトまで。
   http://part-tanjikan.mhlw.go.jp/seminar25_01 


   ▽▼       現在の雇用失業情勢       ▲△

 8月30日に公表された7月の完全失業率は前月より0.1ポイント改善し、3.8%、
有効求人倍率は前月より0.02ポイント改善し、0.94倍となりました。
 このように、雇用情勢は一部に厳しさが見られるものの、改善が進んでいる状況
にあります。

 【労働力調査(総務省)】
  http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/pdf/201307.pdf 

 【一般職業紹介状況】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000016113.html 

========================================================================
★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、
 複製を行うことができます。
========================================================================