人事労務メルマガ
【2012年6月20日発行】
=========================================================================
         ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第73号 ■
=========================================================================

【今号の内容】

●平成25年4月から障害者の法定雇用率を2.0%に引き上げます
 〜従業員50人以上56人未満の事業主の皆さまは、特にご注意ください〜


●民事上の個別労働紛争相談件数、助言・指導申出件数が過去最高に
 〜 平成23年度「個別労働紛争解決制度」施行状況 〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   平成25年4月から障害者の法定雇用率を2.0%に引き上げます

 〜従業員50人以上56人未満の事業主の皆さまは、特にご注意ください〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<障害者雇用率制度>

 すべての事業主は、一定の割合以上で障害者を雇用するよう、法律で義務づけ
られています。その割合は、民間企業、公的機関ごとに法定雇用率として定めて
いますが、平成25年4月1日から以下のように引き上げます。

 ○民間企業         1.8%→2.0%
 ○国、地方公共団体など   2.1%→2.3%
 ○都道府県等の教育委員会  2.0%→2.2%

《ご注意ください》
 今回の法定雇用率の変更に伴い、障害者を1人以上雇用しなければならない
事業主の範囲が、「従業員56人以上」から「同50人以上」に変わりますので、
従業員50人以上56人未満の事業主の皆さまは、特にご注意ください。

 また、対象となる事業主には以下の義務があります。
○毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりま
せん。
○障害者雇用推進者を選任するよう努めなければなりません。
  ※障害者雇用推進者の業務
  ・障害者の雇用を促進し、継続して就労を可能にするための施設・設備の
   設置や整備
  ・障害者雇用状況の報告
  ・障害者を解雇した場合のハローワークへの届出  など

 なお、厚生労働省では、事業主に対して、障害者雇用のための各種助成金や
障害者の職場定着に向けた人的支援など、さまざまな支援制度を用意しています。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaish
akoyou/shisaku/jigyounushi/ 

詳しくは、都道府県労働局・ハローワークへお問い合わせください。
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  民事上の個別労働紛争相談件数、助言・指導申出件数が過去最高に

     〜 平成23年度「個別労働紛争解決制度」施行状況 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 労働関係についての個々の労働者と事業主との間のトラブルを、円満・迅速に
解決するため、全国の都道府県労働局や労働基準監督署内に設置された総合労働
相談コーナーで、解雇や配置転換など、法律違反以外の民事上のトラブルを対象
として、紛争解決の支援を行っています。

 この制度の利用者への支援の仕組みには、以下の3つがあります。
 (1) 総合労働相談コーナーでの、相談の受け付けや法令・判例などの情報提供
 (2) 都道府県労働局長による助言・指導
 (3) 紛争調整委員会によるあっせん
   (紛争当事者と、弁護士など労働問題の専門家による話し合いの場の設定)

 厚生労働省では、この「個別労働紛争解決制度」の利用状況について毎年集計
しています。このほどまとまった平成23年度の主な集計結果は、以下の通りです。

○総合労働相談件数         110万9,454件 (前年度比 1.8%減)
○民事上の個別労働紛争相談件数   25万6,343件 (  同   3.8%増)
○助言・指導申出件数          9,590件 (  同  24.7%増)
○あっせん申請受理件数         6,510件 (  同   1.9%増)

<平成23年度の傾向>
(1)総合労働相談件数は前年度比で微減したものの、高水準を維持し、民事上
  の個別労働紛争に関する相談、助言・指導申出件数は過去最高を記録した。
  あっせん申請受理件数は、前年度と比べて微増した。
(2)紛争の内容を見ると、「いじめ・嫌がらせ」などが増加し、「解雇」に関
  する相談が減少するなど、相談内容が多様化している。
(3)「簡易・迅速・無料」という制度の特徴の通り、助言・指導は1カ月以内
  に96.8%の、あっせんは2カ月以内に94.5%の処理が終了している。

 【報道発表資料】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002bko3.html 

 制度の詳細、相談窓口については、下記ホームページをご覧ください。職場で
のトラブル解決に、個別労働紛争解決制度をぜひ、ご利用ください!

 【個別労働紛争解決制度・総合労働相談コーナーのご紹介】
  http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.html 


========================================================================
★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の人が間違えて登
 録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより、引用、転載、
複製を行うことができます。
========================================================================