人事労務メルマガ
【2012年4月20日発行】
========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第71号■
========================================================================

【今号の内容】
●職場のパワーハラスメントの予防・解決のための提言を取りまとめました
●平成24年度 最低賃金引上げに向けた中小企業支援策のご案内
●石綿による疾病の労災認定基準を改正〜肺がんなどの認定基準が変わりました〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  職場のパワーハラスメントの予防・解決のための提言を取りまとめました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 暴言や仲間はずしといった「職場のパワーハラスメント」が近年、増加傾向に
あり、社会問題として顕在化しています。
 このため、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」で
は、今年3月15日、「職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けた提言」を
取りまとめました。

【提言のポイント】
 職場でのパワーハラスメントをなくすために、企業、労働組合、一人ひとりが
それぞれの立場から取り組む必要がある。

・トップマネジメント:問題が生じない組織文化を育てるため、自ら範を示しな
がら、その姿勢を明確に示すなどの取り組みを行うべき。
・上   司    :自らがパワーハラスメントをしないことはもちろん、
部下にもさせないよう、職場を管理すべき。
・職場の一人ひとり :コミュニケーションを通じて、互いの人格を尊重し合う
とともに、互いに支え合うことが重要。

 働く人の尊厳や人格が大切にされる社会をつくっていくために、会社とそこで
働く人が、互いに話し合うことから始めましょう。

提言の詳しい内容については、こちらをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000025370.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     平成24年度最低賃金引上げに向けた中小企業支援策のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

厚生労働省では経済産業省と連携し、最低賃金引上げに向けた中小企業への支援
を実施しています。

【最低賃金引上げに向けた中小企業への支援事業】
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/jigyousya/shienjigyou/ 

○ 最低賃金ワン・ストップ無料相談

 「生産方法や販売方法などの改善策を知りたい」「賃金制度や労働時間はどう
見直せばいいのか」など、経営改善や労働条件管理の見直しに関する中小企業か
らの相談に、ワン・ストップで応じる窓口を全国各地に設けています。
 相談は無料です。お気軽にご相談ください。

【最寄りの相談窓口】
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/jigyousya/shienjigyou/04_2.html 

○ 業務改善助成金(中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金)

 平成24年4月現在の最低賃金額が「時間額700円以下」の33県で、業務改善を
行う中小企業を支援します。
 事業場内の最も低い時間給を、4年以内に計画的に800円以上へ引上げる場合、
就業規則の作成や労働能率を上げるための設備・機器の導入、研修の実施にかか
る経費の1/2(上限100万円)を助成します。
 詳しくは下記のページをご覧になるか、都道府県労働局、上記相談窓口まで
お問い合わせください。

<助成対象となるケース>
・小売業の場合
 POSレジシステムの導入により、商品の販売管理や売上状況の分析に必要な
 時間を短縮することができた。
・卸売業の場合
 これまで人手により商品の出し入れを行っていたが、リフトの設置により、
 作業効率・安全性が向上した。
・介護施設の場合
 入浴・シャワー用車椅子の購入とそれに伴う段差改修工事を行うことで、
 入浴介助者の業務能率が改善された。

【業務改善助成金について、詳しくはこちら】
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/jigyousya/shienjigyou/03.html 
【平成24年4月現在の最低賃金額が時間額700円以下の33県】
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/jigyousya/shienjigyou/04.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          石綿による疾病の労災認定基準を改正
         〜肺がんなどの認定基準が変わりました〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省では、石綿による疾病の労災認定基準を改正しました。
 これは、今年2月に取りまとめられた「石綿による疾病の認定基準に関する
検討会報告書」の内容を踏まえたものです。

【改正のポイント】
 ●「肺がん」の認定基準
  これまでの認定基準に掲げる要件に加え、次の3点のいずれかに該当する場合
 には認定することにしました。
 (1) 広範囲の胸膜プラーク所見が認められた人で、石綿ばく露作業に従事した
   期間が1年以上あること
 (2) 石綿紡織製品製造作業、石綿セメント製品製造作業または石綿吹付け作業
   に5年以上従事したこと
 (3) 認定基準を満たすびまん性胸膜肥厚の発症者が、肺がんを併発したこと

 ●「びまん性胸膜肥厚」の認定基準
  これまで必要としていた「肥厚の厚さ」の要件を、廃止しました。

 厚生労働省では、今後はこの基準に基づき、石綿による疾病の発症者に対して、
一層迅速・適正な労災補償を行っていきます。また、新認定基準を周知すること
により、疾病の発症者やその遺族からの請求の促進も図っていきます。

【報道発表資料】
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000026n7b.html 


========================================================================

★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★注意事項についてはこちらをご覧ください。
  http://merumaga.mhlw.go.jp/ 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の方が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより引用、転載、複製
 を行うことができます。

=========================================================================