人事労務メルマガ
【2011年12月21日発行】
========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第62号 ■
========================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
在宅ワークシンポジウム「震災を超えて 〜見直される多様な働き方〜」を開催
    〜 平成24年1月16日 東京・文京シビックホールにて 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 在宅ワークとは、パソコンなどを使い、請負契約に基づき、サービスの提供な
どを行う在宅での仕事をいいます。育児や家事、介護など個人の事情に合わせて
柔軟に働く時間や場所を調整できるため、仕事と生活の調和が可能な働き方です。
 一方、企業経営者の皆さまにとっても、東日本大震災での経験を踏まえ、交通
機関や電話回線の乱れた中での事業継続という点で、在宅ワークの利点を認識さ
れた方も多いのではないでしょうか。

 このたび、厚生労働省は、企業の経営者、在宅ワーカーはじめ在宅ワークに興
味をお持ちの全ての方を対象に、在宅ワークの今後の可能性について考えるシン
ポジウムを開催します。
[企画・運営:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社]

<在宅ワークシンポジウム「震災を超えて 〜見直される多様な働き方〜」>
 ○開催日時:平成24年1月16日(月)午後1時00分〜4時30分
 ○会 場 :文京シビックホール(小ホール) 東京都文京区春日1-16-21

 シンポジウムでは、株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長の佐々木かをり氏
による基調講演のほか、東日本大震災の経験を受けて、在宅ワークの今後の可能
性についてパネルディスカッションを行います。
 在宅ワーカーとして働きたい方にとっては、在宅で働く利点や今後の在宅ワー
クの可能性を、企業経営者の皆さまにとっては、在宅ワーカーへの発注の利点を
実感していただける、またとない機会です。ぜひ、ご参加ください。

 ○プログラム
  第1部:基調講演 〜 多様な働き方と在宅ワークの可能性 〜
      佐々木かをり氏(株式会社イー・ウーマン 代表取締役社長)
  第2部:パネルディスカッション  〜 これからの在宅ワークを考える 〜
      モデレーター:鎌田耕一氏(東洋大学 教授)
      パネリスト :会田和子氏
            (株式会社いわきテレワークセンター 代表取締役社長)
             伊藤正樹氏
            (エヌ・ティ・ティ・コム チェオ株式会社 取締役)ほか
  終了後、交流会(名刺交換会)を行います。

  参加は無料(定員200名、申し込みが必要)です。

 【シンポジウムお申し込み】
 (在宅ワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」内)
   http://www.homeworkers.jp/symposium/2011.html 

 なお、参加希望者が定員に達した場合は、申し込みを締め切らせていただきます。
あらかじめご了承ください。

========================================================================

★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★注意事項についてはこちらをご覧ください。
  http://merumaga.mhlw.go.jp/ 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の方が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより引用、転載、複製
 を行うことができます。

=========================================================================