人事労務メルマガ
【2011年9月22日発行】
========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第53号 ■
========================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        「機会均等推進責任者」を選任していますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 厚生労働省では、男女雇用機会均等法に定めるポジティブ・アクションの推
進を図るため、各事業所で人事労務管理の方針決定に携わる方を「機会均等推
進責任者」として選任し、都道府県労働局雇用均等室に届け出をしていただく
ようお願いしています。

 「機会均等推進責任者」の方には、労働局雇用均等室から、各種セミナーの
開催案内や男女雇用機会均等法などの資料、行政情報、先進事例の紹介など最
新の情報を提供します。

 「機会均等推進責任者」の選任を契機に、ポジティブ・アクションの取り組
みをより一層進めましょう。

○「機会均等推進責任者」の選任・変更届の様式は、こちらからダウンロード
 できます。
  http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/danjokintou/dl/danjyokoyou_t.pdf 

○選任・変更届は労働局雇用均等室まで郵送またはFAXでご提出ください。
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/ 

 「機会均等推進責任者」とは
 各事業所において、性別にとらわれない人事管理を徹底させ、女性が能力を
 発揮しやすい職場環境をつくる役割を担う方です。
 主な職務は次の通りです。
 (1)関係法令の順守のために必要な対策を検討し、実施するとともに、必要
   に応じて事業主などに進言、助言を行う。
 (2)女性が活躍しやすい職場環境をつくるため、ポジティブ・アクションの
   推進について検討し、必要に応じて事業主などに進言、助言を行う。ま
   た、その具体的取り組みが着実に実施されるよう促す。
 (3) 女性が能力を発揮しやすい職場環境の整備について、職場の関心と理解
   を喚起する。
 (4)(1)〜(3)について、所管の労働局雇用均等室との連絡を行う。

 「ポジティブ・アクション」とは
 社内制度上は男女均等となっているにもかかわらず、固定的な男女の役割分
 担意識や過去の経緯から
  ・営業職に女性はほとんど配置されていない
  ・課長以上の管理職は男性が大半を占めている
 などの差が男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと
 個々の企業が進める自主的かつ積極的な取り組みをいいます。

 ポジティブ・アクションの取り組みにより、実質的な男女均等取り扱いを実
現し、女性の能力を十分に生かしましょう。詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku04/ 

========================================================================

★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★注意事項についてはこちらをご覧ください。
  http://merumaga.mhlw.go.jp/ 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の方が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより引用、転載、複製
 を行うことができます。

=========================================================================