人事労務メルマガ
【2011年4月21日発行】
========================================================================
        ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第34号 ■
========================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       東日本大震災で被災した既卒学生・生徒のために
          緊急的な募集・採用をお願いします!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 東日本大震災で被災した既卒者を積極的に募集・採用しようとする企業が出て
きています。厚生労働省では、この動きをさらに後押しするため、卒業後3年以
内の既卒者で被災した人を採用する事業主に対して、次の奨励金の支給額の拡充
と要件緩和を行います。

 ○3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金
 ○3年以内既卒者トライアル雇用奨励金

 各企業におかれましても、被災した既卒者の積極的な採用をぜひお願いいたし
ます。
 また、各都道府県の新卒応援ハローワークでは「特別相談窓口」を設けていま
す。「内定者を入社させることが難しくなった」「被災地に居住していた内定者
と連絡が取れない」「被災者を雇い入れたい」「奨励金について詳しく知りたい」
など、お気軽にご相談ください。

 【既卒者を採用する企業への奨励金拡充の概要】
  http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/dl/14c_1_110415.pdf 

 【特別相談窓口一覧】
  http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/dl/5a.pdf 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     東日本大震災に関連した雇用・労働関係の支援策について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回の地震で被災された事業主、労働者の方への支援策をまとめてご覧いただ
けるウェブページとリーフレットを作りました。ぜひ、お役立てください。

 【平成23年(2011年)東日本大震災関連情報 雇用・労働関係】
 雇用調整助成金、労働基準法の取り扱い、失業給付、労災給付に関する特例措
置などの情報をご覧いただけます。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016eu3.html 

 【リーフレット(被災された事業主の方へ)】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-img/2r98520000019sa2.pdf 

 【リーフレット(働く方、失業された方へ)】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-img/2r98520000019s6p.pdf 

 【生活支援ニュース:健康維持や生活支援、仕事探しなどのための情報を掲載し、
  避難所などで配布しています】
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017y8m.html 

 政府全体の関連情報は以下のサイトからご覧ください。
  http://www.kantei.go.jp/saigai/index.html 

 ※これらの情報を必要とされている方への転送などを歓迎します。

========================================================================

★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ「国民の皆様の声」
 へリンク)  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★注意事項についてはこちらをご覧ください。
  http://merumaga.mhlw.go.jp/ 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の方が間違えて
 登録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、出所を明示することにより引用、転載、複製
 を行うことができます。
=========================================================================