人事労務メルマガ
【2010年10月28日発行】
=========================================================================
         ■ 厚労省人事労務マガジン/別刊第3号■
=========================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ご存じですか? 厚生労働省のオンライン申請
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 労働基準監督署、ハローワーク、日本年金機構などの窓口で行っている各種の申
請や届け出などのほとんどは、自宅やオフィスのパソコンからオンラインで申請で
きます。

 「オンライン申請システム」を利用することで、行政機関の窓口に出向く必要が
なくなり、移動時間や待ち時間が節約できます。もちろん、行政機関の開庁時間に
かかわらず申請・届け出ができますので、忙しい方にはとても便利なシステムです。

 現在、政府ではオンライン申請の一層の利用促進を図るため、10月25日〜31日
を「電子政府利用促進週間」として、電子政府に関する広報、普及・啓発活動を重
点的に推進しています。
 皆さんもぜひ、この機会にオンラインによる申請をご利用ください。

○厚生労働省関連で利用できる申請、届け出には、次のようなものがあります。
 ・雇用保険被保険者資格取得/喪失届
 ・健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得/喪失届
 ・健康保険・厚生年金保険被保険者賞与支払届
 ・健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届
 ・労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書

○オンラインによる電子申請は「電子政府の総合窓口(e-Gov(イーガブ))」から行
 うことができます。
 <「電子政府の総合窓口(e-Gov)」トップページ>
  http://www.e-gov.go.jp/index.html 

 <申請・届出メニュー>
  http://shinsei.e-gov.go.jp/menu/#about02 

 <e-Gov電子申請利用の流れ>
  http://www.e-gov.go.jp/shinsei/about_system/flow.html 

 <e-Gov電子申請システムの事前準備(パソコンの環境設定など)>
  http://shinsei.e-gov.go.jp/menu/beginner.html 

 <e-Gov電子申請システム利用者マニュアル>
  https://shinsei.e-gov.go.jp/Shinsei/manual/index.html 

 <厚生労働省の手続きごとのオンライン申請マニュアル>
  http://www.mhlw.go.jp/sinsei/tetuzuki/e-gov/index.html 

 <電子政府利用支援センター>
  http://www.center.e-gov.go.jp/ 
 (電子政府の総合窓口(e-Gov)が提供する各種サービスに関するお問い合わせ)

 <関連ポスター>
  http://www.mhlw.go.jp/sinsei/tetuzuki/dl/poster.pdf 

=========================================================================

★配信停止の手続き  https://krs.bz/roumu/m?f=8 
★バックナンバー   http://merumaga.mhlw.go.jp/backnumber/index.html 
★登録に関するお問い合わせ  https://krs.bz/roumu/m?f=11 
★メルマガの内容に関するお問い合わせ(厚労省ホームページ 国民の声へリンク)
  https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html 
★注意事項についてはこちらをご覧ください。
  http://merumaga.mhlw.go.jp/ 
★編集:厚生労働省

●当メールマガジンは外部の電子メール配信サービスを利用して行っています。
●登録していないにも関わらず本メールが配信された場合は、他の方が間違えて登
 録した可能性がありますので、配信停止の手続きをお願いします。
●当メールマガジンの送信元アドレスは送信専用となっています。
●携帯メールなどには対応しておりません。
●可能であれば等幅フォントにてご覧ください。
●当メールマガジンの内容の全部または一部については、私的使用または引用など
 著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、
 引用、転載、複製を行うことができます。

=========================================================================